ゴジラVSメカゴジラ 超合金 魂MIX メカゴジラ(生頼範義ポスターVer.)

定価17,280円(税込)

言わずと知れた

ゴジラVSメカゴジラのポスター版のメカゴジラ

DSC03977_2017092416591944c.jpg

有名な話ですが平成ゴジラのポスターの発注はまだデザイン画の段階で(しかも正式決定ではない)

そこから生頼さんがイメージを膨らませて描いているので本編とはデザインが違うんですよね

ただこのポスター版はポスター版でめちゃくちゃかっこいい

その思いが20年の月日と共に奇跡の商品化へと至ったのです

DSC03951.jpg

逆光っぽく

ちなみにポスターに100パーセント忠実なわけではなく

そこから当時の構想にあった合体変形の要素を入れているので

ポスター版にアレンジを加えた玩具となります

ただメカゴジラの元となったデザインを描いた1人の西川伸司さんが監修しているので違和感は無し


その辺の経緯はこちらのリンクから


http://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/1054011.html



DSC03970_20170924165928984.jpg

3機のGフォースメカ ガルーダ・ナーガ・ガンダルヴァが合体

DSC03979_20170924165921d38.jpg

昭和のメカゴジラと平成(VS版)メカゴジラの合わさったデザインが素敵

DSC03982_20170924165923106.jpg

超合金と銘打ってるだけあって、重かった(446g)

DSC03984.jpg

VSゴジラ

DSC03991_20170924165922244.jpg

―この戦いですべてが終わる。―

DSC03989_20170924165927987.jpg

で写真が少ないのは・・・

はいガルーダの足(胸のパーツ)壊してしまいました・・・orz

変形が結構難しめで

箱から開けた段階で壊しそうだと思ったらやってしまった・・・

コンセプト・商品仕様共に良いおもちゃです

ただ破損だけはホント気をつけて・・・

動画でもどうぞ

スポンサーサイト

シン・ゴジラ 第四形態 雛形

クリスマスイブに届きました

最高のクリスマスプレゼントでした

置き場

どうしよう

DSC02829.jpg

DSC02825.jpg

DSC02822.jpg

オーブカリバーすっぽり入るね

DSC02827.jpg

あけましておめでとうございます&ヤマトタケル ヤマタノオロチ ソフビ

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします

さて縁起物

新年初レビューは

酉年だけどヤマタノオロチです

DSC02847.jpg


こちらは1994年に公開された映画「ヤマトタケル」に登場する

怪獣ですね

撮影用のスーツも巨大ならば

ソフビの方も超特大

DSC02844.jpg
DSC02843.jpg
DSC02845.jpg

トゲは軽い凶器です



S.H.MonsterArts ゴジラ2016 (シン・ゴジラ)レビュー

DSC02705.jpg


私は好きにした、君らも好きにしろ




2016年11月26日発売

価格:12,960円(税8%込)


■原型製作者 (敬称略)
・竹谷隆之 ・伊原源造
・小関正明 ・萩原篤

■商品仕様
全高:約180mm
全長:約400mm
材質:PVC製


この記事にはシン・ゴジラのネタバレを含みます

パッケージ


DSC02694.jpg


現実(フィギュア)対 虚構(シン・ゴジラ)

シン・ゴジラのキャッチコピーのオマージュです

今回、箱とんでもなくデカいです

DSC02693.jpg

裏側からはゴジラが見えるようになっています

DSC02695.jpg
DSC02696.jpg


シン・ゴジラ(第4形態)

身長:118.5メートル
全長:333メートル
体重:9万2千トン
武器:放射線流

今作のゴジラは核廃棄物の放射線により異常進化を遂げた古代生物と考えられる。
人間の8倍以上の遺伝子情報を持ち、体内で核融合を行うことで膨大なエネルギーを生み出す。
従来のゴジラ同様口から熱線を吐くが、さらに背鰭や尻尾からもレーザー状の熱線放出能力を有する。

DSC02731.jpg
DSC02700.jpg


全身

体色は劇中より赤みが強い印象

DSC02716.jpg

細い腕

DSC02715.jpg

尻尾 アーツらしくぐねぐね動きます

DSC02738.jpg
DSC02714.jpg

おぞましい尻尾の先

DSC02709.jpg

背鰭

DSC02750.jpg

頭部周り 歯の塗装は少し省略されています

DSC02735.jpg
DSC02706.jpg

グワシと開いて 残念ながら下顎の分割までは再現されていません

DSC02710.jpg
DSC02699.jpg



気持ちいいくらいに放射線流発射前の前屈姿勢が決まります
過去最大級に動くゴジラかも

DSC02752.jpg

開脚

DSC02741.jpg

比較とか

DSC02720.jpg
DSC02724.jpg
DSC02711.jpg
DSC02718.jpg
DSC02708.jpg
DSC02759.jpg
DSC02756.jpg



感想

現状唯一のシン・ゴジラの可動フィギュアですが

最高、そうとしか言いようが無い

欠点が無い訳でもないのだけど

ここまでぐりぐり動くシン・ゴジラなら買って良かったかなと


後々カラーリング変更verが発売される

可能性が高いモンスターアーツシリーズだけに

今後紫色に発光した放射線流verなどが

発売されそうな気もしますよね




動画でもどうぞ


S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)レビュー

2016年10月27日発売
メーカー希望小売価格 19,980円

DSC02529.jpg

モンスターアーツに発光&サウンドギミックを追加した商


その分お値段もちょい高め

DSC02534.jpg


付属品無し ゴジラだけで勝負

DSC02532.jpg

大きさは他のモンスターアーツよりも大きめ

DSC02546.jpg


なのでビオランテと並べてるとオーバースケール

顔はかなりイケメン

DSC02540.jpg

DSC02547.jpg


ただ発光ギミックを仕込んでいるので

上半身はかなり制限されます

DSC02538.jpg
DSC02537.jpg


特に顔はこれより上がりません

可動範囲以上に動かしすぎると断線の恐れがあるそうで
す 下手に弄らない方がベター?

続いて発光

上半身に電源ユニットが入っています

なお重要ポイント 電池が付属しません

LR44×3個なのでガシャットから抜き取りました

背びれを押すと咆哮音声3種類 放射熱線音2種類がランダムで流れます

発光もランダムで数回に1回背びれから発光した後に
口内が発光します

DSC02544.jpg
DSC02542.jpg
DSC02541_2016103015320813e.jpg



背びれのスイッチを長押しすると

今度はBGMモード

①ゴジラ対戦車隊 ②ゴジラ・タイトル

これが交互に流れます

さらにBGM演奏中にスイッチを押すと

咆哮音or足音が鳴ります

BGMモードでも数回に1回発光と放射熱線音が鳴ります

再度長押しで音声は停止できます

DSC02545.jpg


ということで

輝響曲ゴジラでした

ある程度わかっていたことだけど

中途半端

まず肝心要の発光ギミックがちょっと地味

せめて常時発光モードとかあればね

そして電飾ギミックを仕込んでいるので

可動は他のモンアツに比べると死んでいます

定価で買うのはちょっとお勧めしませんね

Amazonならもう6000円引きだし




音声発光ギミックは動画でどうぞ





プロフィール

bonorenosan

Author:bonorenosan
普段はyoutubeで玩具のレビューをしています。

http://www.youtube.com/user/bonorenosan


このブログではその補足とまとめができればと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR